ニュース

太陽の塔と通天閣コロナライトアップいつからいつまで?色の意味や基準も紹介

太陽の塔と通天閣コロナライトアップいつからいつまで?色の意味や基準も紹介
Pocket

この記事では、太陽の塔と通天閣コロナライトアップはいつからいつまで?色の意味や基準も紹介していきます。

大阪府は、新型コロナによる休業や外出自粛要請を解除するための独自基準として「大阪モデル」の運用を開始しました。

この達成状況を確認するため、万博記念公園にある太陽の塔と通天閣を状況に応じてライトアップするとのことです。

これにより、大阪府民の方はその日の夜のライトアップの色がどうなっているかで感染状況を確認することができるようになります。

では、このライトアップはいつからいつまでで、色の意味や基準がどうなのか気になりますよね?

そこで、この記事では、太陽の塔と通天閣コロナライトアップはいつからいつまでで、色の意味や基準についても調査してご紹介していきます。

ご参考になると嬉しいです。

 

太陽の塔と通天閣コロナライトアップいつからいつまで?

5月8日に試験点灯が行われました。

そして、実際にライトアップ運用を開始するのはいつからかというと、5月11日~となります。

また、いつまで運用するのかというと、終わりの日時は公表されていないので、当面続くものと思われます。

但し、ライトアップするにはお金がかかるので、いったん解除となったタイミングで打ち切りとし、万が一コロナ感染が再度上昇した際に運用されることになるのかもしれません。

太陽の塔や通天閣のライトアップは、とても分かりやすく良い運用かと思いますが、これが終わる状況が早く訪れることを祈ります。

 

太陽の塔と通天閣コロナライトアップの色の意味や基準

警戒信号の色と意味は?

色は赤、黄、緑ですが、その時の状況により若干の違いがあります。

現状の状況というのは、

〇自粛解除に向けた場合

●自粛要請等に向けた場合

の2つの状況となります。

現在は、「自粛解除に向けた場合」となるので、この場合の色の意味は下記です。

自粛解除に向けた場合 意味

自粛解除基準を一部しか満たさない

警戒中

自粛解除基準を全て満たして1日~7日

解除へのカウントダウン

自粛解除基準を全て満たして8日目以降

解除(段階的な自粛解除)

それでは、いったん解除したもののコロナ感染が再び増えてしまった場合の、「自粛要請等に向けた場合」の色の意味はどうかというと下記のようになります。

自粛要請等に向けた場合 意味

全ての自粛要請基準を満たした

警戒中(段階的な自粛要請)

一部の自粛要請基準を満たした

注意喚起

上記での違いはというと、黄での意味が違っていますので要注意です。

自粛解除に向けては、「解除へのカウントダウン」で良い方向に向かっている状況を示していますが、自粛要請に向けた場合は「注意喚起」で、悪い方向に向かっていることを示しており、逆の意味になります

 

自粛解除・要請基準って何?

太陽の塔と通天閣コロナライトアップいつからいつまで?色の意味や基準も紹介

自粛解除の基準は②、③、④を満たすことです。

そして大阪府は5月2~7日まで基準を満たしています。

なので、もうすぐ自粛解除かと思いきや、今回の運用開始は5月8日~なので、5月14日までの7日間、太陽の塔と通天閣のライトアップが黄色であれば、5月15日から段階的な自粛解除へ進むことになります!

逆に①、②、③を満たしてしまうと、自粛要請の方向へ逆戻りすることとなります。

 

大阪府民のSNS上での反応は?

 

まとめ

この記事では、太陽の塔と通天閣コロナライトアップはいつからいつまでで、色の意味や基準についても調査してご紹介させて頂きました。

5月8日に試験点灯が行われました。

太陽の塔と通天閣実際のライトアップが開始されるのはいつからかというと、5月11日~となります。

そして、いつまでかは発表がされていないので、当面続くものと思われます。

しかし、ライトアップするにはお金がかかるので、いったん解除となったタイミングで打ち切りとし、万が一コロナ感染が再度上昇した際に運用されることになるのかもしれません。

色の意味や基準は、上記にまとめさせていただいたようにそれぞれに意味・クリアすべき基準がありますので、上記を参考にしてください。

特に黄色については、状況によって意味が異なり、自粛解除に向けては、「解除へのカウントダウン」で良い方向に向かっている状況を示していますが、自粛要請に向けた場合は「注意喚起」で悪い方向に向かっていることを示しており、逆の意味になります。

先に大阪が斬新な手法を用いて、コロナ禍での自粛解除基準を示しましたが、今後東京でも解除基準が出てくるものと思います。

コロナはそれほど早く終息するものと思いませんが、このままでは経済も死んでしまい路頭に迷う方が増えて行ってしまうので、明確な自粛解除基準のもと経済活動を再開し、経済も回復できるようになっていって欲しいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。