TXT

TXTメンバーは日本人にいまいちで人気ないと評判?BTSと比較してみた

TXTメンバーは日本人にいまいちで人気ないと評判?BTSと比較してみた
Pocket

この記事では、TXTのメンバーは日本人にいまいち人気ないと評判なのか?

BTSと比較して人気はどうなのか?について紹介いたします。

TXTはBTSの兄弟分として韓国デビューしており、海外の実績もひっさげて、とうとう日本でもデビュー曲を出すこととなったK-POPの人気アイドルグループです!

日本と韓国の状況は現在あまりよろしくない状況となっており、TXTのメンバーは日本人にはいまいち好かれないだろうとの噂もありました。

そこで、インターネットやSNSをリサーチして、状況を確認しましたので、最後までお読みいただけると嬉しいです(^^♪

TXTメンバーは日本人にいまいち人気ないと評判?

TXT韓国デビューの状況は?

先に韓国でデビュー曲がリリースされましたが、韓国の最大手Melonでのチャートでは29位だったとのことです。

同じ時期にJYP(事務所)からデビューとなったITZYは、デビュー曲を出してすぐにチャート1位になったにも関わらず、TXTは散々な結果となったようです。

TXTはBTSの弟分ということで前評判が高く、1位を独占するだろうと噂されていたようですが、なぜ散々な結果となったのでしょうか?

色々とネットでの情報を調べた結果、曲に問題がある可能性があるようで、実際に曲があまり良くない感じがするとのコメントが多数ありました。

曲が悪ければ、グループとしては人気があってもそれほど売れませんからね!

ではその曲「ある日頭から角が生えた(CROWN)」は、実際にどのような感じなのでしょうか?」

人によっては良い悪いが分かれると思いますが、視聴してみて下さい♪

↓↓↓

 

TXT韓国デビュー曲「ある日頭から角が生えた(CROWN)」

どうでしたか?

この曲を聴いた感じでは、韓国語だから良くは分かりませんが、曲的には良い感だなぁと個人的に思いました。

但し、優しめの曲なので、デビューにしては派手さやインパクトが少ない感があることは確かですね♬

だからいまいちと言われることがあるのでは?と思います。

でも、このデビュー曲はアメリカ・ビルボードのメインアルバムチャート「ビルボード200」の140位にランクインし、そのソーシャルチャートでは2位になるという快挙を成し遂げています。

 

TXT日本デビューの状況は?

2020年1月15日に日本のデビューシングル『MAGIC HOUR』が発売されました!

韓国デビューの時とうって変わって、LINE MUSICウィークリーランキング(1/15~1/21集計)で1位を獲得しています!

 

日本のTXTファンの声は?

日本でのツイッターコメントでは、特に悪い書き込みはなく、好印象のものが多い印象でした!

また、LINE MUSICウィークリーランキング(1/15~1/21集計)でも1位を獲得していますし、特に日本ではいまいちということはなく、人気があることが分かりました!

TXTメンバーは日本人にいまいちで人気ないと評判?BTSと比較してみた

日本デビューしたばかりなので、良いも悪いも本当の評価となるのはこれからでしょうね!

LINE MUSICウィークリーランキング1位の「9 and Three Quarters (Run Away)」のYouTube動画
  ↓↓↓

「9 and Three Quarters (Run Away)」

なかなかいいサウンドですね!

好みはあると思いますが (^^♪

 

TXTメンバーとBTSを比較してみた!

 

BTSの日本での評判は?

 

 

 

海外でのBTS人気は?

 

 

上記ツイッターのコメントより、BTSは日本でかなり人気があるのが分かりますね(^^♪

更には、アリアナグランデがツイッターにBTSとの写真を投稿したり、NYではBTSは関心がない普通のサラリーマンでも知ってるとのことですから、アジアだけでなく海外でもとても人気があるK-POPスターであることが伺えますね!

 

BTSの日本デビュー曲はどんな感じ?

聞いてみてどうでしたか?

TXTとは違ってかなりコアなHip Hopでかなりカッコいいです!!

ド派手な勢い、インパクトがあり、高いルックスも兼ね備えているので、これは売れないはずがないって感じですよね(^^♪

 

まとめ

TXTメンバーは日本人にいまいちで人気ないと評判なのか?とBTSと比較してどうなのかについて調査し、ご紹介しました。

ツイッターやネットの情報を検索した限りでは、TXTに対する悪評は少なく、好意的なものも多かったので、特に人気がないということはありませんでした。

また、BTSと比較するとどうなのかというと、まだTXTはデビューしたばかりで未知数のためこれからかと思います♬

そして、これからBTS超えを目指すTXTは、高尺(コチョク)スカイドームで開催された「第34回ゴールデンディスクアワード with TikTok」で新人賞を受賞しましたね。

デビューして以来、出席した7つの授賞式で、新人賞を全て総なめにし、デビュー10か月で新人賞7冠を達成する大記録を打ち立てることに成功しています (^^)

そのゴールデンディスクアワードでのTXTの様子ですが、1stアルバム「夢の章:MAGIC」の収録曲「New Rules」でパフォーマンスステージの幕を開けたTXTメンバーたちは、曲の途中でダンサーたちと共にバスケットボール・パフォーマンスを披露し、視線を惹きつけたようです♪

そして、タイトル曲「9と4分の3番線で君を待つ(Run Away)」で持ち前のパワフルなエネルギーを届け、大反響を呼んでいます。

そんな大興奮なTXTの映像を見たい方は、下のリンクを参考にしてくださいね。

>>TXTが出演したステージ動画を無料視聴したい方はこちらから♪

最後までご覧いただき、ありがとうございました (^^)